イヤホン

美音で聴けるワイヤレスイヤホン(おススメ)

イヤホンには有線ではなくて、Bluetoothで飛ばして聴くワイヤレスイヤホンがあります。

ワイヤレスイヤホンは取り回しが楽です。ひと昔前からは、ずいぶん音も良くなりました。ノイズキャンセリングや外音取り込みの実用機能も付いて、外に出て使うのに便利です。

今回、わたしは、実際に所有している、「美音」が聴けるワイヤレスイヤホン3本をレビューしました。そして、番外編として、「美音」が聴けないけれど、特別な役割を持つ1本を加えました。

https://eddiekataoka.com/review-sony-wf-1000xm4/

https://eddiekataoka.com/review-panasonic-eah-az60/

https://eddiekataoka.com/review-denon-ah-c830ncw/

https://eddiekataoka.com/review-apple-airpods-pro/

これらの4本を選んだ条件は、以下のとおりでした。

  • 5,000~6,000円の有線イヤホンと変わらない、良い音で聞けること
  • ノイズキャンセリングと外音取り込み機能をもつこと
  • 予算は、15千円~アッパー30千円を覚悟すること
  • 【番外条件】i-phoneと連携する前提

前回までのブログに書きましたとおり、わたしは、若い頃から音楽大好き人間です。それで、好きな音楽を良い音で聴きたくて、色々と試してきました。

この4年、5年は、その延長で、有線、無線のイヤホン沼に、はまっておりました。20本以上のイヤホンを購入しては手放し、とっかえひっかえで、聴き較べてきました。

今までの4回の「美音」ワイヤレスイヤホンのレビューも、その経験によっています。

今回の記事では、今まで取り上げた4本のワイヤレスイヤホンの総合評価を行います。いくつかの観点を捉えて、こんな方には、どのイヤホンを選べば良いのか?まとめます。

この記事が、好きな音楽を「美音」で聴けるワイヤレスイヤホン選びのご参考になれば幸いです。

美音で聴けるワイヤレスイヤホン(おススメ)

1. 外観(「おさらい」です。)

写真は、最初から順番に、SONY WF-1000XM4、Panasonic EAH-AZ60、DENON AH-C830NCW、AirPods Pro、です。

2.機能と特徴

細かい話は、メーカーのサイトからの情報をご参照頂けます。

WF-1000XM4 | ヘッドホン | ソニー (sony.jp)

ワイヤレスステレオインサイドホン EAH-AZ60|Hi-Fi オーディオ – Technics(テクニクス)

AH-C830NCW | 完全ワイヤレス・インイヤーヘッドホン | Denon公式

AirPods Pro – Apple(日本)

以下では、私の観点からの評価となります。

「美音」の順位

  1. Panasonic EAH-AZ60
  2. SONY WF-1000XM4
  3. DENON AH-C830NCW
  4. AirPods Pro

「美音」イヤホンを集めてのレビューという企画なので、上位3つの順位は参考です。むりやり順位を付けました。①位(Panasonic)と②位(SONY)は、音の好みの差だけですね。少し下に③位(DENON)が着けるという感じです。④位(AirPodsPro)は、かなり離されることになります(役割が違うので仕方ありません)。

「ノイズキャンセリング・外音取り込み機能」の順位

  1. AirPods Pro
  2. SONY WF-1000XM4
  3. DENON AH-C830NCW
  4. Panasonic EAH-AZ60

これは、①位 (AirPods Pro) の圧勝でしかありません。発売後の時間は経っていますが、特に「外音取り込み機能」は秀逸です。イヤホンを着けていないのと変わりません。

②位から④位までも差は小さいです。④位まで含めて、機能的には100点満点で85点は付けられるようなイヤホンです。

「着け心地」の順位

  1. AirPods Pro
  2. DENON AH-C830NCW
  3. Panasonic EAH-AZ60
  4. SONY WF-1000XM4

これも、①位 (AirPodsPro) の優位は動きません。②位(DENON)も形状は似ているのですが、イヤーチィップとの関係性から、①位ほどは、しっくりこないという感じでしょうか。③位(Panasonic)も、耳の中にうまく収まるので、決して悪くはありません。④位(SONY)は、着けていて、違和感というのか、ちょっと気になりますね。

「価格」を考えた順位

  1. DENON AH-C830NCW
  2. Panasonic EAH-AZ60
  3. SONY WF-1000XM4
  4. AirPods Pro

「価格」だけの評価は存在していなくて、コスパの評価ということになります。

これは、①位(DENON)が圧倒的だと思います。メーカーの価格設定が「神がかっている」と言えましょう。ノイズキャンセル付きで、この「美音」が、この価格で手に入るのですから。②位(Panasonic)もかなり良好と言えます。③位(SONY)も悪くはありません。

この④位(AirPodsPro) だけは、Apple製品とは言え、強気過ぎる価格と思います。円安で上がる一方ですし。とは言え、機能性から購入される方は多い訳です(私もそうですが)。だったら、もっと音を良くして欲しいですね。(次期モデルに期待です。)

「総合的な」順位

  • Panasonic EAH-AZ60
  • SONY WF-1000XM4
  • DENON AH-C830NCW
  • AirPods Pro

はじめに、ネタばらしをしますと、最初に書いた「美音の順位」をそのまま持ってきて、順位は付けておりません。

購入を検討される方が、ご自身のニーズや好み、予算からお選びいただければ、すべてベストになり得るということです。どれを選んでも後悔はないと思います。

ご紹介すると、私も、この4本は手放さずにいて、以下のように使い分けています。

  • 近所の買い物(音声配信を聴く)→ AirPods Pro
  • 週末のウォーキング(音楽や音声配信を聴く)→使う頻度は、Panasonic>DENON>SONY
  • 自室での音楽鑑賞→Panasonic、SONY、DENON、おのおので聴き較べています。

本記事を、皆様の「美音」ワイヤレスイヤホン選びの参考にして頂ければ、幸いです。

今回シリーズのあとがき(今後のブログ出稿予定)

2022年の7月31日に「エディカタオカのブログ」を立ち上げました。その後、今回まで5回にわたって、「ワイヤレスイヤホンのレビュー」を続けてまいりました。読者の皆様のイヤホン選びの参考になっていれば、望外の喜びです。

このブログでは、今後、イヤホンやオーディオ領域以外の、ほかの話題についても取り上げる予定です。試行錯誤の中で、執筆を進めますので、フォロー頂けると幸いです。

ご説明したように、「イヤホン沼」にはまってしまっていた私にとっては、今度は「美音」の「有線イヤホン」のレビューも選択肢のひとつです。

よろしければ、また次回、お読みください。