イヤホン

[レビュー] SONY WF-1000XM4

イヤホンには有線のみならず、Bluetoothで音を飛ばすワイヤレスイヤホンがあります。

ワイヤレスイヤホンは取り回しが楽です。ひと昔前からは、ずいぶん音も良くなりました。ノイズキャンセリングや外音取り込みの実用機能も付いて、外に出て使うのに便利です。

ここでは、実際に私が所有している、美音が聴けるワイヤレスイヤホン3本を、3回に分けてレビューして、紹介いたします。選んだ3本の条件は、次のとおりです。

  • 5,000~6,000円ぐらいの有線イヤホンと変わらない、良い音で聞けること
  • ノイズキャンセリングと外音取り込み機能をもつこと
  • 予算は、15千円~アッパー30千円を覚悟すること

わたしは、若い頃から音楽大好き人間です。50年ぐらいは親しんできました。ジャンルは、日本や海外のポップ・ロックから、比較的軽いジャズがメインですが、それに限らず、結構、何でも聴きます。

そうすると、良い音で聴きたくなって、そのための機材も色々工夫して、今に至りました。ですから、マニアックな域は無理ですが、それなりの耳の水準には達しているはずです。

その上で、この4年、5年は、有線、無線のイヤホン沼に、はまっておりました。少なくても、20本以上のイヤホンを購入しては手放し、とっかえひっかえで、聴き較べてきました。

そんなわたしの選んだイヤホンですから、はずれのモノにはなっていないはずです。自分でも、色々な情報を集めての購入でしたし、手放さずに、今も所有しているのが、実力の証と考えて下さい。

とは言え、音の好みは個人によって違っていますし、あくまで、上記した3条件であれば、、、ということです。残念ながら、すべての方の100%の満足を保証するものではありません。

この記事が、好きな音楽を良い音で聴けるイヤホン選びのご参考になれば幸いです。

SONY WF-1000XM4(おススメ美音イヤホン3選①)

1.外観

先ず、実物はこんな感じです。結構、大ぶりなモノなので、明らかに耳が小さい方には向かないかも?ですね。

イヤーチィップは、オリジナルから換えています。わたしの場合は、ほとんどそうしています。耳にフィットして良い音を聴くには、そういう努力が必要でした。ここは、人によってはマストではないと思っています。

なお、ケースには、サードパーティの出している緑色系の樹脂カバーを付けています。アマゾンで購入しました。ここは、趣味であり、必要ないかも?の部分です。

2.機能と特徴

細かい話は、メーカーのサイトから覗いてもらうのが良いですね。

WF-1000XM4 | ヘッドホン | ソニー (sony.jp)

以下では、私の観点からの評価となります。

メリット5つ

  1. 音にエネルギーがある。SONYの音と言えるかもしれませんね。
  2. アンドロイドのスマホによっては、LDACのコーデックで高音質が楽しめる。
  3. i-phoneのAACのコーデックでも、高音質に変える機能がある。
  4. スマホアプリがあって、音も機能もいじれる。
  5. ノイズキャンセルが良く効く。外音取り込みもまあまあ。

デメリット5つ

  1. 迫力はあるが、繊細さに欠ける音。SONYの音と言えるのかも。
  2. 耳の中で、やや大き過ぎてもてあます感じがする。
  3. 外音取り込みの際、風切り音がうるさい。
  4. もう少しだけ、値段が安いと、もっとうれしい。
  5. コーデックはLDACに対応するのに、Apt X Adaptiveに対応しない。(これは上級編)

3.まとめ(SONY WF-1000XM4は、こんな方におススメ)

  1. スマホから、ワイアレスイヤホンで、良い音が聴きたい人で、30,000円ぐらいの予算が確保できる方
  2. i-phoneを使っていて、サブスクの高音質音源並みの音が聴きたい方
  3. アンドロイドを使っていて、コーデックがLDAC対応の方(マイクロSDカードに音源入れてる方は最適)

平均的に言って、誰もが満足するはずです。安定して、良い音で聴かせてくれます。誰もが、ハズレと思わない、買って後悔しない、という感じでしょう。

わたしのベストかは別にしても、持っていて、たまに聴いてみたい。特に元気を出したい時には!って感じ。

メリットで書いた、ノイズキャンセリング、外音取り込み、アプリでいじれる機能操作もすぐれモノと言えます。

ですから、手放していませんし、次期モデル(Mk5)も、わたしは買うのでしょうね。

ソニー SONY フルワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング対応 リモコン・マイク対応 プラチナシルバー WF-1000XM4 SM

価格:25,736円
(2022/9/14 23:22時点)
感想(5件)

4.次回(その②)のレビュー予定

SONYの最強ライバル、Technics EAH-AZ60です。その次は、DENON AH-C830NCW。

よろしければ、お楽しみにしてください。